東新中ブログ


R03
4月~
アーカイブ
R02
アーカイブ
R01
アーカイブ
H30
2021.1.21
大寒 ~部活動中止でできた時間を活用~


 今日は久しぶりに晴れ間が見えました。
 中庭にはお客さんが来て、何かを啄んでいるようでした。


 晴れ間は見えましたが、大寒が過ぎたばかりでとても寒いです。
 ある教室では、換気による足元の寒さを写真のような工夫(手づくりダクト)で回避していました。


 部活動が全市一斉で中止になって時間ができたので、できた時間を活用して、オンライン授業に切り替わった時にすぐに対応ができるよう職員研修をしています。(切り替わってほしくないですが・・・。)生徒の皆さんも空いた時間の有効活用を是非!!


2021.1.14
力キャンペーン<シーズン2>始動


 以前に紹介した力キャンペーンの<シーズン2>が始まります。
(力キャンペーン:各委員会で学校生活をよりよくする一取組を行うキャンペーン。今年度はSDGSも意識して・・・。)
 2学年朝会では、力キャンペーン<シーズン1>の振り返りと、<シーズン2>の計画発表を行っていました。<シーズン2>では、各学級で課題を共有して、日常生活のベースアップを図るようです。


 ・朝読書の取り組み方を改善し、みんなで落ち着いて1日のスタートが切れるようにする。
 ・授業の1分前に全員が着席し、授業のスタートから集中する。
 ・授業の取り組み方に個人差があるので、声を掛け合って、居心地の良い授業環境をみんなでつくる。
 ・東新タイムの取り組み方を改善し、時間を効率的に使えるようになる。
 ・男女と女子が分かれてしまうので、いろいろなことに一緒に取り組めるようにする。

 学校生活のベースをみんなの力で強固にすることで、その上に一人ひとりの頑張りが積み重ねやすくなりますね。
 その他の委員会の活動についても後日レポートしたいと思います。


 3年生は来週から本格的に高校入試が始まります。
 3年生を全校で支えるためにも、「マスク」、「手洗い」、「密集回避」、「具合が悪い時は無理をしない」などのベースを確実に維持していきましょう。


 2021.1.11
2022年も<力の東新>をよろしくお願いします。

  2022年がスタートしました。
 新年初の全校朝会がオンラインで行われました。
 校長講話では、「初心忘るべからず」の言葉を例に、年の初めにあたり、新たな<志>をしっかり立て、折々には初心に戻り、目標に向かって挑戦していきましょう!とのお話がありました。















 年末に紹介した<力キャンペーン>の企画で、学習委員会がタイムリーにも、絵馬をかけるスペースを設置してくれました。
設置したその日から多くの願い事がかけられていました。特に「志望校に全体できますように!」「良い生徒会になりますように!」など、<志>や<目標>といえる願い事もたくさんありました。


 全校朝会後の学級活動をのぞきました。
 ある学級では、サイコロトークで久しぶりのクラスメートと楽しそうに盛り上がっている姿が見えました。
 
 寅年の今年も<力の東新>をよろしくお願いいたします。


  2021.12.24  
力キャンペーン 進行中②  今年の締めくくり大成功!!

 先週紹介した<力キャンペーン>が進行中です。12月中に行われた各委員会の活動内容ポスターです。

 「SDGSも活動の視点に盛り込んで・・・。」というところが、とても貴重ですね。


 東新ラジオ放送局では、常任委員会の企画で<未成年の主張>が行われました。参加者のほっこりしたメッセージが学校全体を包みました。(左)

 体育委員会企画の球技大会も学年ごとに盛り上がりました。
 2年生のドッジボールはオールコートに加えて、なんとボールを2つ入れて行っていました。 実況解説も登場し、会場は大いに盛り上がっていました。(中、右)


 今日で2021年の授業が終わりました。休み前の全校集会では、美術、人権作文、部活動などで多くの生徒が賞状伝達を受けていました。(これだけ並ぶと圧巻でした)

 ホームページをご覧の皆様、本年も大変お世話になりました。
 来年も東新潟中学校を応援してくださりますようお願いいたします。


  2021.12.17  
力キャンペーン 進行中

 令和4年度生徒会役員の認証式がありました。
代表のあいさつでは「全校生徒で力を合わせて、みんながより楽しく過ごせる学校を創っていきましょう」との力強いメッセージがありました。

 今週から<力キャンペーン第1部>が始まりました。
 力キャンペーンは、各委員会で学校生活をよりよくする一取組を行うキャンペーンです。
 各委員会が、第1部を12/14(火)~21(火)、第2部を1/18(火)~1/25(火)のいずれかの期間で計画します。 
 今年は、学校生活に目を向けて取組をすることはもちろん、地域にも視野を広げてSDGSの視点も意識して計画することになっています。今週の生徒朝会で報告された各委員会の取組の一部を紹介します。

 応援団は、<元気ハツラツプロジェクト>と銘打って、アンケートや取材を行い、「頑張っている人」を全校に紹介するそうです。どんな紹介が見られるのか、とても楽しみです。(写真が見づらくてごめんなさい)


 今週は保護者面談のため、部活動ができませんでした。
 そんな中、体力維持を目的として、部活動の生徒を対象に合同で<タバタトレーニング>が行われました。
 短時間ですが、密度の濃いトレーニングが行われました。


  2021.12.10  
今週の東新潟中学校 いろいろな<力>紹介


 今週は、令和4年度生徒会役員選挙の<立会演説会>から始まりました。
 選挙管理委員の綿密な準備のもと、ZOOMで候補者の演説を各教室で視聴する形式で行われました。
 来年の学校づくりのビジョンが語られ、候補者はもちろん、それを受け止める<学校全体の力>を感じました。



 中段左の写真は1年生の救命救急法講座です。東消防署にご協力いただき、全員が汗をかきながら蘇生術を行いました。いつもお隣で行われている東消防署の訓練の雰囲気が、そのまま東新潟中に入ってきたようでした。
 中段右の写真は2年生修学旅行の事前学習です。旅行業者の方からのプレゼンをしていただきました。しっかり学習して、価値ある修学旅行にして欲しいです。
 東消防署の皆様、旅行業者の皆様、有り難うございました。
 

 下段左はJRC委員会のペットボトルキャップ収集です。キャップが集まるとどうなるかご存じですか?
 下段左は、いよいよ来週から始まる生徒会の<力キャンペーン>です。詳しくは後日お伝えします。



  2021.12.3  
令和4年度に向けて、いろいろなことが動き出しています。


 来週の
<令和4年度生徒会役員選挙>に向けて、選挙活動が活発になっています。
 朝の玄関での呼びかけ活動、昼の放送演説などで、爽やかな声を響き渡らせており、候補者のパーソナリティーや<目指す学校像>がよく見えてきています。
 候補者はもちろん選挙管理委員の準備も緻密に行われています。


 



 1学年朝会では
<小学校6年生へのメッセージカード>の完成発表がありました。
 今年も体験入学は見送りとなりましたので、少しでも<歓迎の思い>を伝えるために、1年生全員がメッセージを書き、学年委員とボランティアで作成しました。

 来年度に向けて、いろいろなことが動き出しています。



 令和4年度に向けてということではありませんが、保健委員が「生活習慣」について各学年朝会でクイズを行い、意識付けをしてくれました。 
 合わせて、各学年ごとに片桐養護教諭による
<生活習慣講座>を学習しました。

 また、
<スマイルボランティアの皆さん>が、中庭の膨大な落ち葉を清掃してくださりました。この模様は後日お知らせします。


  2021.11.26  
今週の東新潟中 ~様々な場面を切り取り~

 今週はテーマを絞らず、今週の様々な場面を切り取ります。


 先週の2年生に引き続き、今週は3年生が学年レクリエーションを行っていました。
 なんと『委員会対抗雑巾がけリレー』です。
 寒い朝でしたが、学年委員のリーダーシップと学年全体の<温かい雰囲気>で、気持ちも身体もほかほかでした。(1枚目)


 特別支援学級では、企業の方をお招きして、人体標本を使った学習が行われました。  実際の解剖のように臓器を取り出して、ビー玉を使って食べ物が消化されるルートを確認していました。(2、3枚目)


 来週からの選挙運動開始に向けて、候補者と支援者たちが、放課後の時間を使って着々と準備を進めています。(4,5枚目)




 雨の日が多かったですが、部活も熱気がありました。
 野球部はボールを真っ白に磨き上げていました。(6~9枚目)















  2021.11.22  
培った力を日常に。 強くなる<つながり>

 2年生で行われた学年レクリエーション「部活対抗リレー」がとても盛り上がっていました。
 盛り上がりの様子は他のだよりに譲って、別の視点でレポートします。

★朝8:00前、まだ生徒もまばらな教室で、黒板に連絡を書く生徒がいました。テスト終了からの短い期間でしたが、ギリギリまで計画を練ったのでしょうね。(写真1枚目)

★1限開始前、早く会場に来た係生徒たちが、誰に指示されることもなく、コミュニケーションをとりながら、カラーコーンを絶妙な位置に並べていました。(写真2枚目)

★そして1限開始。
 部活ごとのチームで走順の打ち合わせ。
 ただ遊ぶのでなく、1時間という限られた時間の中に、走順の打ち合わせ(作戦会議)をする時間を組み込むことを考えた係生徒に拍手です。また、チーム人数を合わせるためにいくつかの部活を合同チームにしていましたが、これもいろいろと工夫したんでしょうね。(写真3枚目)

★そして、競技開始。参加する2年生全員で「みんなで楽しもう!」という雰囲気を作っていることがわかって、観ているだけでも心地よかったです。

★そしてレク終了後、またまた誰に言われることもなく、サーッと集まってきて、手際よく後片付けをする係生徒。
 
★東風祭や東華祭などの行事が終わりましたが、行事を通して強力になった「つながり」や「あたたかさ」、「リーダーの動き」が普段の生活で発揮されていて感心しました。
 
★東新潟中学校では他にもいろいろなプロジェクトが進行中です。
・力プロジェクト(SDGSを意識して、各委員会1プロジェクトで学校生活向上)
・生徒会役員選挙 選挙活動開始 

 だいぶ散ってきた中庭の樹木に新芽が生える頃、更に生徒の姿を想像するのが楽しみです。


  2021.11.12  
家庭学習強調週間の掲示物には、大人でも仕事向けに参考にしたい秘訣が満載。

 学習委員会が「テスト勉強を充実させるために役立つ工夫」を生徒会の掲示コーナーに紹介してくれています。
 職員室では、「大人の仕事法」としても参考になると、職員間で話題になっています。


     時間の区切り方  休憩やリフレッシュを入れてメリハリ


     姿勢法 呼吸法 BGM 食事法 
               頭へのインプットをスムーズにする工夫


   集中を妨げるものは物理的に排除   スマホ制限アプリ「魚を・・・」

 各学級には、それぞれのメッセージが。              
 いい言葉ですね。
 
今週末、テストに向けて良い準備ができることを願っています。

 今週は他にも、学校運営協議会、3年入試説明会、1年職業講話 と盛りだくさんでした。
 今後、何らかの方法でお伝えします。














  2021.11.5  
<百歌繚乱>の合唱を支えたもの
~そして次のステップへ~


 今週も東華祭合唱コンクールに関わった内容です。

★当日、生徒が退校した後の各教室には、<あの素晴らしい合唱を支えたもの>の痕跡がまだまだたくさん残っていました。

・ ある学級には、黒板いっぱいにメッセージが・・・。(1枚目)
・ ある学級には、一番伝えたい言葉を目立つようにマークした歌詞カードが・・・。(2枚目)
・ ある学級には、コメントと付箋とで埋め尽くされた拡大楽譜が・・・。(3枚目)

 この積み重ねが<百歌繚乱>につながったんですね!!

(先日の2学年主任の言葉のように「賞レース」だけでなく、賞よりも一つの作品をみんなで作り上げる醍醐味を味わったことが掲示物からも伝わってきました)


★火曜日には全校で合唱の<振り返り>を行いました。

・ キャリアノートを使って、自分の成長を確認しました。
・ 仲間へのメッセージを熱心に書いていました。(4枚目)
・ にこやかな表情で、振り返りの共有が行われていました。(5枚目)

 個人の成長はもちろん、学級集団の成長をみんなで確認できたことが貴重でした。 
支えあう学級風土が醸成されれば、必ず個人の更なる成長にも還ってくるははずです。

 
★休み明けの火曜日には、早速、学習委員会が次に向けた取組を仕掛けてくれました。 

 詳しくは後日紹介したいと思います。パワーアップしていて必見です。(しかし、いつ準備したんでしょうね?)(6枚目)


★今週は卒業アルバムの群像撮影がありました。
3年生は締めくくりの期間に入っていきますね。(7枚目)














  2021.10.30  
百歌繚乱 ~東華祭合唱コンクール閉幕~

 東華祭合唱コンクールが閉幕しました。
 文字通り、<百歌繚乱>咲き乱れる東華祭でした。
 
(1枚目)・・・ステージに掲げられたスローガン

 私は音楽の教員なので、準備からいろいろな学級の練習の様子を見ていました
(すべて関われなくてごめんなさい)が、当日鑑賞して驚いたことがあります。
 それは、
<すべての学年・学級が音楽室の練習よりも、数段表現力を増して、本番のステージで発表していたこと>です。
 今までの経験では、「音楽室ではよかったんだけど、緊張しちゃって・・。」とか、「先生のアドバイスを聞いたあと、すぐやるとできるんだけど・・・。」とか、少なからずあったのですが、東新潟中は全く別物で、自分たちで確実に磨いてきていました。

 その理由は、
<みんなでどんな合唱にしたいかを考え続けたこと >
<実現のためにみんなで協力して作り上げたこと>

ができたからではないでしょうか?

(2枚目)・・・誰が書いてくれたのか?朝の教室の黒板にはメッセージが・・・。 

(3枚目、4枚目)・・・朝8:20からの教室では最後の声出しが・・・。(どの教室も凄いエネルギーでした。)

(5枚目)・・・3年生の本番開始直前、火が付きそうなエネルギーで「手紙」の声出し練習を終え、一転、嵐の前の静けさのように本番を待つ3年生。

(6枚目)・・・そして、全ての片づけが終わって、振り返りをする実行委員の皆さん。「スタートからどのくらい伸びたかが大きな価値」という話をしていたようです。

 この成功体験を次への<力>に変えて、頑張れ東新中!










  2021.10.25  
心を一つにして音楽表現をすることの<喜び>を分かち合う
(東華祭まで1週間)

 今週は2学年の練習にお邪魔しました。
 金子学年主任が次のような言葉で練習を締めくくっていました。
 「合唱コンクールは賞を獲るレースだけでない。協力し合って、心を一つにして音楽表現をすることの<喜び>を分かち合う活動だと思います。」
 
 私も金子学年主任の言葉に全く同感です。
 今週、いろいろな学年や学級の練習をみていると、<関わりあって一つのものを作りあげる楽しさを味わっている姿>をたくさん見ることができました。(まだまだ完成度には満足していないようですが・・・。)

 1年生は、リーダーが自分たちから全体に向けて声を出したり、誰に言われることなく後片付けをしたりする姿が見えてきました。
 2年生は、「各パートで課題を話し合って」というリーダーの言葉がけで、いろいろな意見が飛び交う姿が見えます。
 3年生は、自分たちの曲のよさや特徴を押さえて、聴く人に伝えるためにはどうする?のような話が聞こえ始めて         います。生徒朝会でも全校の雰囲気をつくるメッセージが発信されていました。

 まだ1週間も時間があります。
 どんなふうに歌と生徒一人ひとりが成長していくのか?
 最後にはどんなところに<喜び>を見つけて、分かち合うのか? 楽しみでなりません。

















  2021.10.15  
<後期開始>リスタートのビッグチャンス

 1年間の中には<心を新たにして何かをはじめられるチャンス>が何度かあります。
 その意味で、<後期開始>はビッグチャンスです。
 各学級・学年では、新しい委員会や係の選出、生徒会役員選挙に向けた動きも始まっています。校内で新たなことが動き出しそうな気配をあちこちで感じることができます。

 各学年の学年朝会では、新たに選出された後期学年委員の皆さんが、学年全体の前で意気込みを語っていました。1学年朝会では、熊田学年主任が学年委員それぞれの言葉の中から次のようなキーワードを拾って、価値づけをしていました。
 「よいところを(自覚して)継続していく」
 「責任をもって・・・」「きまりを守る」
 「先のことを考えて行動する」
 「コロナに打ち勝って」
 「楽しむ」×「メリハリをつける」
 「仲良く」「仲間とともに」
 「2年生に向けて成長したい」

 このような頼もしい言葉を生徒から聞くことができることは、教職員としてはとてもうれしいことです。また、この時点ですでに成長が始まっているとも思います。
 どうすれば、そのような姿になれるのかを一人一人が自分事として考えて、みんなで知恵を出し合いながら、前に進んでほしいと思います。

 下2枚の写真は、2学年合唱の練習の様子です。
 写真から、自分たちで意見を交わす様子や、リーダーが先頭に立つ様子がわかります。良いお手本がすぐ近くにあります。圧巻は昼休みのパートリーダー会議です。『うまくいかなかったところをどうやって改善していくか』について真剣に話し合って、アイデアを出し合う姿が印象的でした。












  2021.10.8  
『学びの歩みを止めない』を支えるもの

 今週は全校生徒が校外での体験学習を行いました。
  3年生;修学旅行   
  2年生;職場体験
  1年生;美術館訪問

 どの活動でも、東新潟中生徒のキラキラした表情がたくさんみられ、<かけがえのない経験>となったことと思います。

 全国的な緊急事態宣言などは解除されましたが、学校の教育活動の中で配慮しなければならないことは全く変わりません。 
 このような中で体験学習を無事に終えることができたのは、学習を支える人たちの「学びの歩みを止めない」という強い意志や、私たちが気づかないところまで行き届いたきめ細やかな配慮や対策があってこそだと考えます。
・様々な場面を想定して安全を確保してくださった旅行業者の皆様。
・食事など万全な安全対策で受け入れてくださった宿泊施設の皆様。
・職場体験を受け入れるだけでも大変なのに、様々な配慮をしてくださった事業所の皆様。
・その他、様々な配慮や対策をしてご協力いただいた美術をはじめ体験先施設の皆様。 
・学校の活動を理解して協力してくださる保護者の皆様。

 
 私たちにとって最も大事なのは、
<学習を支えてくれている人たちの思いや行動を受け止めて、一生懸命に学習すること>だと思います。

 また、私たちができる感染拡大防止対策の徹底も忘れてはならないことです。
  
健康管理・検温・健康観察カードの提出
  マスク着用
  3密回避 等


 最後の1枚は、1年生;学年合唱練習の様子です。距離をとるほど歌いにくくなると思いますし、今年は様々な状況を考慮してマスクは外さず歌います。合唱にとっては不利な条件を受け止めて、そこから何ができるかを全校で考えて、東華祭に向かいます。







  2021.10.1  
『生徒が主体で創った東風祭』

 様々な制約がある中ですが、生徒が主体となって素晴らしい東風祭を創りあげることができました。1枚目の写真だけでも当日の熱量が伝わってきます。
 
 素晴らしい当日の裏側には、綿密な準備や振り返り、それを支えるリーダーたちの情熱がありました。2枚目の写真は、東風祭直後の実行委員の打ち合わせの様子です。真剣な空気が漂っていました。

 3枚目は、代休明けの振り返りの様子です。
 東風祭を支えた様々な頑張り、自分の頑張りや成長について、全校生徒が確認しました。
 リーダーや実行委員達への感謝の言葉はもちろんですが、実際に東風祭を支えた全校
生徒の頑張りに加え、地域や保護者の方々への感謝の言葉が出ていたのがとても印象的でした。

 最後の写真は、今月末に計画されている東華祭(合唱コンクール)に向けた指揮者練習です。
東風祭での振り返りを生かして、次の活動に向けての準備がスタートしています









  2021.9.17  
『東風祭は延期』~準備万端、あとは英気を養う~
 台風の影響で東風祭が延期となりました。
 英気を養うための1日ととらえて、しっかり体調を整えてほしいです。

 さて、本番は1日延期になりましたが、各軍の応援も順調に仕上がり、準備はほぼ完了しました。
 私は東風祭を見るのが初めてですが、とても驚いたことがあります。
 それは
応援、競技、そのほかの全体の動きを仕上げる日数の短さです。
 今年全体で集まった応援練習は、火曜日からの4日間でした。その短さで今日の状態に仕上げることができたのは、やはり
実行委員や各軍リーダーの見通しを持った準備だと感じました。
 4日間、各軍団とも練習内容の練り上げはもちろんですが、前にたつリーダーの指示もわかりやすく、限られた時間で最大限の効果的な練習をしていましたことは圧巻でした。
 また、最初は気づかなかったのですが、実行委員の皆さんが、裏方に徹して、いろいろなところに気をかけながら、体育祭を支えていることもわかりました。毎日一番初めにグラウンドに表れているのは生徒会の皆さんのようでした。

 今年度の東風祭は他にもいろいろな人に支えられています。
 新型コロナウイルス感染防止対策のために、PTAの皆様にも無観客にかかわる協力をたくさんしていただきます。
 毎日、グラウンドコンディションを整えてくれている○○先生。○○用務員さん。ここまで有難うございした。
 最後の写真は今週の授業から、AEDの実習です。教育実習生と一緒に真剣な表情で取り組む姿が印象的でした。









  2021.9.10  
『マスク越しで伝える』~教育実習より~

 8名の教育実習生を迎えて2週間が経ちました。
 新型コロナウイルス禍の中、教育実習も他の活動同様に感染拡大防止対策を講じての実施となっており、実習生たちは例年より多くの配慮をしながら実習を行っています。
 
 教育実習生が実習期間中に身に付ける大事な事柄の一つに、
<わかりやすく指示や説明をすること>があると思います。これを身に付けるためには、「説明する教師の豊かな表情」や「生徒の表情から理解を見極めること」がとても大事なポイントになると考えます。

 今年の実習生は、マスク越しでこの課題に取り組んでいます。
 「相手への目線」
 「マスクで隠れない部分の表情」
 「適切な距離」

 表情でたりないところは、
 
「大きな身振り・手振り」
 「簡潔で理解しやすい言葉」
 「道具」

などを使って、一生懸命に生徒とやりとりをする姿には感心させられます。

 実習生のそのような姿を見て、私(古市)の授業では「指示や説明はちゃんと伝わっているのかな?」と再確認しながら、逆に勉強をさせてもらっています。

 生徒の皆さんにとって、年齢が近い実習生たちが、将来に向かって一生懸命に自分を磨く姿を間近で見ることができる体験は、とても貴重です。

 生徒と教職員が一丸となって、日常の感染拡大防止対策のレベルを上げた生活が始まっています。
最後の写真は、おなじみの応援団のあいさつ運動です。
 これもマスク越しですが、秋晴れの空のもと、さわやかな声を響かせてくれています。













  2021.9.3  
『iPadを利用した家庭でのZOOM接続テスト』

 新型コロナウイルスの感染が広がりをみせています。
 あまり考えたくはありませんが、「もしもオンライン授業になったら」を想定して、iPadを利用した家庭でのZOOM接続テストを実施しました。

 接続テストは定期テスト1日目の一斉下校の日に実施し、学級担任がホストになったミーティングルームへは、30分前ぐらいから徐々に生徒の皆さんの入室が始まりました。

 ZOOMだと、どんな雰囲気になるのかと少し心配がありましたが、どの学級のミーティングも明るい雰囲気で、学級担任の先生と楽しそうにやりとりをしている姿が印象的でした。雰囲気だけで言えば、いつもの学級活動の時間と変わりない感じでした。

 また、予定時間から大幅にずれることなく、「接続の仕方がわからない」というようなことも殆どなく、スムーズに接続テストがすすんだことから、生徒の皆さんのスキルの高さを実感しまたし、いろいろな活用の可能性が秘められていると思いました。

 一方で、接続テストをしたことによって、いくつかの問題も見つけることができたので、非常時に備えたいと思います。

 考えたくはありませんが(繰り返しですみません)、いつ感染拡大が学校生活にまで影響を及ぼすかわからない状況になっています。
 万が一に備えて、学校の学習や様々な活動を止めないために、生徒も、職員も、家庭も、地域も、みんなで協力して準備をしていきたいと思います。
 そして、「感染しないための一人ひとりの対策」、「万が一の場合も感染を広げないための対応」を実行していきます。

 最後の写真はテスト最終日のランチ時の放送の様子です。
<東新ラジオ放送局>
生徒会本部のメンバーがパーソナリティーになって、タイムリーな情報を提供し、爽やかな雰囲気を振りまいてくれました。






















  2021.8.27  
『絆づくり』~地域貢献活動を終えて

  地域貢献活動『絆づくり』が7/22(木)海の日に開催されました。
 事前に考えていたこの活動の意義
「地域をきれいにするため」
 「地域の人に気持ちよく過ごしてもらうため」
 「地域の一員として何か地域のために奉仕するため」
から、一歩掘り下げた意義を 多くの生徒が感じ取ることができたようです。

【振り返りシート】や【振り返りの会での代表生徒のコメント】より
・地域の方が何気なく、自分の作業を補助してくれて、温かさを感じた。
・地域の人がいつも公園などをきれいにしてくれていることに気づかされた。
・あまり乗り気でなかったが、地域の人たちのお陰で生活が送れていることに気づき、やる気が沸いてきた。
・実際作業をやってみて、災害のニュースで目にする土を運ぶ作業の大変さを実感した。 など


 振り返りのコメントから、活動のサブタイトルである『絆づくり』の言葉のように、<地域との絆>を結ぶことができた生徒が多いと感じています。
 昨今、各地で自然災害による被害の様子が伝えられています。災害はいつ身近に起こるかわかりません。
 そんなとき、この活動で結ぶことができた<地域との絆>を頼りに協力して行動するような中学生を地域は望んでいます。
 今後も<地域との絆>をもっと強くできるよう、中学生の皆さんも意識してほしいと思っています。
 今回の活動にご協力いただいた地域の皆さま、保護者の皆様に感謝いたします。

 今週から授業が再開となりました。コロナウイルスの感染状況が気になるところです。全校で意識レベルを引き上げて、感染拡大防止に向けて取り組みながら、学校生活をおくってほしいです。











東風祭のリーダー活動が動き出しています。
東風祭の準備にじっくり取り組む夏も・・・。



県大会、吹コン健闘を祈ります。(今週末)
部活で力をつける夏も・・・。



3学年スローガンの下には?
進学に向けて学力をつける夏も・・・。



夏休み明けの東華祭練習に向け、
伴奏や指揮を仕上げる夏も・・・。
有意義な夏になりそうです。


  2021.7.16  
有意義な夏休み 計画的な夏休み

 観測史上6番目に短い梅雨があけ、一気に夏らしくなりました。あと4日間の授業が終わると、夏休みです。
よく「有意義な夏休み」という言葉を聞きます。
今回はこの言葉に焦点を当ててみたいと思います。

 「有意義」の意味は次のようなことだそうです。
 <意味・価値があると考えられること>
 ということは
「有意義な夏休み」=「意味がある夏休み」
            =「価値がある夏休み」
と置き換えらます。

 <意味>や<価値>は一人ひとりがそれぞれ見出すポイントになりそうです。
 せっかく自分でヤリクリできる時間が増えますから、意識して<意味>や<価値>を見出してください。

 「とにかく、休んで英気を養う。」
 「やりたかったけれど、なかなか時間がかけられなかったことに、じっくり取り組む。」
 「夏休みだからこそチャンスがある何かに思い切って力を注ぐ。」
 「夏休み後(またはもっと先)を見据えて、綿密な準備を行う。」

 本当にいろいろなことができるチャンスですよ。
 ワクワクしませんか?

 ただし、「有意義な夏休み」にするには、欠かせないことがあります。
 それは、「目標設定」と「実行可能な計画づくり」です。
 学級活動の時間などに作成した「目標」と「計画」は実行可能なものになっているでしょうか?夏休み前にもう一度確認して、夏休みを迎えてほしいです。


















  2021.7.9  
地域貢献活動『絆づくり』とは?

 地域貢献活動『絆づくり』が7/22(木)海の日に開催されます。
 今回はこの行事の意義について考えたいと思います。
生徒の皆さんは、この行事は何のためにあると思うのでしょうか?
 「地域をきれいにするため?」
 「地域の人に気持ちよく過ごしてもらうため?」
 「地域の一員として何か地域のために奉仕するため?」
 もちろん、これらも大事な意義だと思いますが、東新潟中の地域貢献活動では、もう一歩踏み込んで、生徒の皆さんから意義を理解見つけてもらいたいと思っています。
 それは、行事の名前の中にもある「絆づくり」という言葉にヒントがあります。
 <誰と絆をつくるのでしょうか?>
 <その絆をどういった場面で生かしていくのでしょうか?>
 活動を通して考えてみてください。

 「その答えは●●です。」と全校生徒の皆さんが自信を持って言えるような活動にしたいと思います。
次の機会に続報をしたいと思います。

 今週は大きな行事のない普通の1週間でしたが、委員会活動の頑張りが見られました。1枚目の写真は学習委員会の家庭学習強調週間の掲示物です。テストや大きな行事のない今だからこそ、家庭学習の習慣づけをみんなで頑張っていこうというキャンペーンです。
 2枚目の写真は2学年委員会の学年目標の掲示物づくりです。学年や学級の目標を書いた掲示物がそろってきました。
 3枚目の写真は、雨天時の応援団のあいさつ運動です。悪天候を吹き飛ばすような元気な声が響いています。












  2021.7.2  
『勝利は努力者の上に輝く』

 今週は先日終了した新潟市体育大会の報告会、7月下旬に開催される新潟県総合体育大会・下越地区吹奏楽コンクールの壮行演奏会がありました。
 校長先生から1枚目の写真のようなメッセージがありました。
 「勝利は努力者の上に輝く」、
 「全力」、「冷静」、「気迫」、「集中」、「粘り」、そして、「力の東新」。

 「勝利は努力者の上に輝く」は、創立30周年の時に講演をしていただいたオリンピアンの小野清子さんからいただいたメッセージです。保健室の前に額が飾られています。(写真2,3枚目)
 毎日、玄関から教室に向かうルートにありますので、目にしている人も多いのではないでしょうか?
ひっくり返すと、「努力しないものに勝利は輝かない」、もう少し広げて解釈すると「挑戦しなければチャンスはない(No Attack No Chance)」とも受け取れます。
 スポーツに限らず、普段から心に置いておきたい普遍的なメッセージです。

 「全力」、「冷静」、「気迫」、「集中」、「粘り」は試合中、演奏中に忘れてはいけない心構えです。幸運にも次の大会で力を試す機会を得た選手たち、1年ぶりの舞台を踏む吹奏楽部の皆さんは、これができるように残された時間で努力を積んで、存分に力を発揮してきて欲しいです。
 
 暑くなってきました。風紀委員や応援団の皆さんが朝のあいさつ運動を続けてくれています。こういうことを継続できるのも「東新中の力」です。













  2021.6.25  
『大会が開催されたからこそ』

 市体育大会が終わりました。
 (この土日に県出場決定戦がある部もあります)
 「ベストを尽くせた。」
 「緊張して、思うように力が出せなかった。」
 「次の大会への切符を手に入れた。」
 「目標がなくなり次はどうしようかと思っている。」
 「負けて悔しかった。」
 「自分の課題がみえた。」
  などなど、様々な思いがあると思います。
 (結果報告は学校だよりとして編集中です。)

 このような思いがもてたのは<大会が開催されたからこそ>ということを忘れてはいけないと思っています。今年度は新型コロナウイルス感染防止対策という特別な対応を行い、大会運営関係者の努力の上で、一年越しの大会ができたのです。
 大会が開催されたからこそ、いろいろな思いをもつことができ、自分が、自分たちが一歩前に進むためのチャンスを得ることができたのではないでしょうか。
 幸運にも次の大会への切符を手に入れた人は、力が出し切れるよう準備してほしいです。
 上位大会への出場が叶わなかった生徒も、この大会があったからこそ感じた思いを財産にして、次の目標達成のためにそれを生かしてほしいです。

 今週は東風祭の軍団抽選会がありました。
 これも生徒会本部の努力があったからこそ、スタートを切ることができました。
 誰かが、努力してくれていることに気づき、自らも努力する東新中生徒になって欲しいと思います。













  2021.6.18  
新潟地震の日に合わせて、防災学習と避難訓練を全校で行いました。

 
6/16の新潟地震の日に予定された避難訓練に向けて、<防災学習>に全校で取り組みました。新潟地震クラスの地震が起きた時に「身を守るためにどのような行動をすればよいか」について、1人ひとりが考えて、実際に行動しました。

 1枚目の写真は事前学習で使ったワークシートです。当然のことですが、地震は、いつ起こるか分かりません。どんなときに起こっても、適切な対応がとれるよう、いろいろな状況を想定して、とるべき行動を考えました。 

 2枚目、3枚目は全校朝会で紹介されたプレゼンです。新潟地震の時には、東新潟中のものと思われる校門が液状化で沈んでいますのがわかります。

 そして、6/16(水)新潟地震が発生した13:01に避難訓練を行いました。事前に避難訓練の時間を生徒に知らせずに、いつ起こっても適切な対応がとれるような訓練を行いました。当日は昼休みの終盤の時間帯でした。全員がバラバラに動いている時間なので、職員も臨機応変に避難誘導などを行いました。(そのため、残念ながら写真が残っていません)シェイクアウトに始まり、1次避難の後は、津波回避のために2次避難の訓練も行いました。

 事後の生徒の振り返りでは、「いつ地震が起こっても身を守れるように普段から心がけて生活したい。」、「実際にみんながバラバラの休憩時間に訓練をすることができて良かった」、「今日はできたが、実際はパニックになるかもしれない。」、「段ボールみたいなものじゃ、頭は守れない」などの意見がありました。

 職員の振り返りでも、実際に動いたからこそ見えてくる避難マニュアルの再検討ポイントや、ガラス飛散の危険性に対する指摘など多くの意見がありました。今後も引き続き避難マニュアルの適正化を図る必要性を感じました。

 今週は、市体育大会の日程のはざまでしたが、こんなときでも、しっかり委員会活動をしているところが立派です。写真はJRC委員のユニセフ募金の様子です。朝の玄関で爽やかな声を響かせてくれていました。












  2021.6.11  
『生徒総会』~よりよい学校づくりを自分たちの力で~②

 6/10(木)生徒総会が行われました。
 当日も<よりよい学校づくり>のために、<みんなが関わって>、<自分たちの力で>を実践する姿がたくさんみられました。
 1枚目の写真は昼休みの準備です。目立たないところですが、大きい行事を動かすには必ず縁の下の力が必要です。準備をしている生徒からは様々なことに気配りをする声が聞こえてきました。<自分たちの力で>ですね。

 2枚目の写真は提案準備の様子です。当たり前のように100%iPadを使用したプレゼンでした。機材トラブルがありましたが、担当生徒がサッとでて、何事もなかったように対応していた姿には感じるものがありました。<自分たちの力で><みんなで関わって>

3枚目の写真は、質疑応答です。
質問席にはいつも列ができていました。
学級審議での質問事項はA4裏表で、紙面回答がでていましたが(これも時間がない中、係がまとめものです)、多くの質問があり、<みんなが関わって>が体現されていると感じました。

そして、4枚目の写真です。
<本年度の目指す学校像>
「生徒1人1人の想い・行動で
笑顔・絆・誇りをつくり育む学校」 
 をもとに 
<生徒会スローガン>
「日々是好日」
~起こせ 東心’s革命~
 が承認されました。
力強いスローガンですね。

 来週からの市体育大会に向けて、激励会もありました。
生徒総会で共有したように、選手の皆さん、応援の皆さんそれぞれに強い<想い>と<行動>がみえました。
 来週からも楽しみです。

































  2021.6.4  
『生徒総会に向けて』~よりよい学校づくりを自分たちの力で~

 定期テストお疲れ様でした。
 生徒が下校したあとの教室をのぞいてみると、担任から1枚目の写真のようなメッセージが黒板に貼られていました。どの学級でも、テスト期間から当日まで一生懸命に準備する姿が印象的でした。
ここから、大きく学校の動きがシフトしていきます。
来週には生徒総会。
再来週からは市体育大会がスタートします。
 今日は生徒総会に向けた動きを紹介します。
 
 生徒総会議案書によると、生徒総会のねらいは「話し合い活動を通して、生徒会活動の意義や活動内容を理解し、よりよい学校づくりに貢献しようとする意識を高める」ということだそうです。
 ポイントは、
<よりよい学校づくり>のために
<みんな>が関わって
<自分たちの力>ですすめていくこと

だと受けとっています。準備の段階で、すでにそんな姿をたくさん見ることができます。
 写真2枚目、3枚目は議案書の閉じ作業の様子です。貴重な昼休みでしたが、視聴覚室はリーダーたちの活気があふれていました。
 写真4枚目は、1年生の議案審議の様子です。初めての体験だと思いますが、関わりながら一生懸命に審議にむかっていました。
 写真5枚目は、3年生の議案審議の様子です。部活動予算についての細かい突っ込みがあり、かなり盛り上がっていました。
 来週の生徒総会を通して、「よりよい学校づくりを自分たちの力で」が加速することを願っています。








  2021.5.28  
『学びに向かう力』~学校全体が「じっくり勉強に取り組む」雰囲気に~ パート2

 いよいよ定期テストが近づいてきました。
先週に引き続きテストに向けての様子を紹介します。
テスト出題範囲の授業が終わってきているようで、教室をのぞくとワークなどを使って確認の学習をしている様子を多く見ることができます。
 先週のレポートのように<シーンと静まりかえって学習に取り組む様子>も多いですが、写真1枚目のように<真剣な表情で机を突き合わせて要点を確認し合う姿>も見られるようになってきました。「個々の学習がすすんできたからこそ、確認すべきことがたくさんでてきているのかな」と感じました。

 先週紹介した学習委員の掲示(保健室脇)は確認しましたか?今日は中身を少しだけ紹介します。

 写真2枚目の
<口で発音しながら> は、英語に限らず、私は仕事で今でもよくやります。文章などの頭へのインプットが全く違います。(集中が切れてきた時にもおすすめです)
 写真3枚目は理科の勉強法ですが、
<学習内容を確実に身につける手順>を具体的に説明してくれています。これも理科以外でも通用します。他にも学習のヒントがたくさんあります。

 今週はテスト後に控えている生徒総会に向けて、生徒会本部によるプロジェクトの紹介や、生徒総会議案審議がありました。そして、新潟市体育大会も控えています。テスト後の活動のためにも、今はじっくりと学習に取り組んでほしいです。





3年●組の集中オーラ


応援団の挨拶も元気をくれます。













  2021.5.21  
『学びに向かう力』
~学校全体が「じっくり勉強に取り組む」雰囲気に~

 今年始めての定期テストまで2週間を切りました。
 学校全体が「じっくり勉強に取り組む雰囲気」になってきています。
 学習委員会が各学級の入り口に写真のような表示をしてくれました。これがとても良い雰囲気を作ってくれています。
 
 ある学級の自習監督に行った時のことです。
 自習課題(これだけはやっとかNIGHTシリーズ)が6枚もあり、どんな反応をするのかと思いましたが、予想と違う反応にビックリしました。 
 「●●先生はプリントをたくさん用意してくれるんだよなあ。」と、あちこちから。
 「ありがたいよなあ。」と、どこかから。
 「先生、配ります!」といって数名の生徒が自分たちから出てきて、手分けをして、あっという間に配布してくれました。
 配布が終わってしばらくすると、学級全体が「しーん」と静まり返り、学習に集中するオーラが溢れていました。
 学習指導要領で「学びに向かう力」という言葉が、これから必要な力としてクローズアップされています。
 委員会の雰囲気づくり、皆さんが実際に勉強に向かうこの雰囲気こそが文字通り「学びに向かう力」の一つだと感じました。


必見!これも学習委員の取組です。(保健室前)






この位置につきました。


見慣れた風景になりました。
  2021.5.14  
授業参観が中止になりましたので、授業をテーマに2つお知らせします。

① 学びに向かう姿勢
 授業で一生懸命に取り組む生徒が多いことはもちろんなのですが、それ以前に「いいなあ」と思うことがあります。
 それは「自分たちで準備を始めることができること」です。
 私が特に感心したのは<朝学活は時間になると自分たちから始める>ところです。
 皆さんにとっては当たり前かもしれませんが、市内の学校の中でもそうしているところは少ないのではないでしょうか?
 まだあります。<昼休み終了の予鈴が鳴る頃には、廊下に出ている人も少なく、ほとんどが授業モードに切り替わっているところ>です。
 グラウンドや体育館、中庭で遊んでいる人も、自分たちで時計を見て片付けを始めているようです。
 こういう雰囲気があるからこそ、落ち着いて授業に向かうことができているのだと思っています。

② 各教室への大型モニターの設置
 今年度の大きなニュースは、新潟市のGIGAスクール構想の一環で、<全教室に大型モニターが設置>されたことです。
 この大型モニターには、一人ひとりのタブレットから文章や画像などを送れるようになっています。
 昨年度末から徐々に授業に導入していましたが、今年度は全ての教室で簡単にできるようになりました。
 職員の研修でもこのシステムの活用を推進しており、5月末には研修授業を行う準備をしています。
 その模様は「学校だより」でお伝えしますのでお楽しみに。




隅々までホコリがない。


それぞれが整頓して教室移動。


いつも誰かが清掃、整頓。



いつも誰かが補充。
  2021.5.7

「生徒がいない教室から見えるもの」

 新学期のスタートから一ヶ月たちました。
 4月当初から「きれいな学校だな」と思って過ごしています。
 私は立場上、生徒がいない校舎を回っていますが、そこでよく感じることがあります。

 それは<そこで生活をおくっている人同士の気配り>です。
 「みんなが気持ちよく生活できるように、ちょっと整えました」という、実際には声にはならない声が、いろいろなところから聞こえてきます。

 当番や係の生徒なのか、委員会の生徒なのか、教職員なのか、たまたま気づいた人なのかはわかりませんが、やはりこれも<東新潟中を支える力>だと思います。

 このブログを読んで、この<気配り>を再認識してくれる人、自分も<気配り>してみようと思う人が増えたらうれしいです。


赤十字創始者アンリー・デュナン


ソルフェリーノの戦い
「Tutti Frateli(みんな兄弟どおし)」



今週は晴天が続きました。美術授業の1コマ
  2021.4.23

「世のため人のために行動する」

 4/20(火)にJRC登録式がありました。
(JRC=ジュニア・レッド・クロス 日本語で『青少年赤十字』)
 感染症拡大防止対策として、放送での登録式となりました。
 日本赤十字社新潟支部からお越しいただいた 松尾 良和 様の講話のあと、渡辺JRC委員長の「誓いの言葉」がありました。渡辺委員長の力強い声を各教室で真剣に聞く姿が印象的でした。

 東新潟中の加盟は昭和59年ですから37年ほど継続している活動ということになります。 
 当時からは時代や社会も変わりましたが、「世のため人のために行動する」という赤十字の精神は全く変わらない普遍的なものです。

 東新潟中JRCでは「世のため人のため」を自分たちの生活に置き換えて、<全校生徒に困っている人や、学校、地域、社会のために自分たちには何ができるのか、「気づき、考え、実行する」ことができること>を目指しています。

 前回紹介した<水道の蛇口のエピソード>、<清掃に向かう姿勢>なども、この精神と共通だと思いました。東新潟中を支えている力をもっと探して紹介していきたいです。


感染症対策にも効果がありそうです

中庭清掃の3年生たち

新入生歓迎会の部活動紹介
  2021.4.16

東新潟中学校の「力」

 木曜日の部活終了後の出来事です。
校内を回っていると、誰もいない水飲み場のところに1人の生徒の姿がありました。
水を飲んでいるのでも、手を洗っているのでもないようです。
 近づいてみると、その生徒は写真のように水道の蛇口の向きを1つ1つ下向きに直してくれていました。咄嗟に「ありがとう」と声をかけましたが、その生徒は恥ずかしそうに挨拶をして帰って行きました。とても清々しい心持ちになりました。決して目立つような行動ではないですが、東新潟中を支えている「力」を1つ見つけることができたと感じました。
 そういえば、中庭清掃の生徒も、本当に一生懸命に清掃してくれます。いろいろな「力」に支えられて学校生活が成り立っていると再確認しました。
今週は新入生歓迎会や部活動の仮入部がありました。たくさんの「始まり」が進行中です。



桜も持ちこたえました。

始業式では職員紹介が盛り上がりました。

ようこそ東新潟中へ。
 2021.4.8

<東新中ブログ>スタート!

 皆さんこんにちは。
 令和3年度より、「東新中ブログ」として、東新潟中生徒の活躍を紹介していきたいと思います。
 更新の担当は主幹教諭の古市茂です。
 よろしくお願いいたします。

 4月7日(水)東新潟中学校の令和3年度が動き出しました。
 午前中はあたたかい雰囲気の新任式に始まり、始業式、入学式準備とすすみました。 
 入学式準備では、感染症拡大防止対策のために午後の入学式に出ることができない2・3年生が心を込めて受け入れ作業を行いました。
 午後の入学式では、緊張しながらも目をキラキラと輝かせた新1年生の姿をみることができました。